製品情報

次世代マルチベネフィット型自動運転EV

背景

現在の物流システムは、ごみ収集・宅配・パトロールなど各事業者が個別に車両走行を行っています。今後、人材不足や過疎地域の拡大に伴い、より効率的な『ワンサービスマルチベネフィット』の概念をもった物流システムが求められています。

目的

次世代型廃棄物収集システムにつながるマルチベネフィット型自動運転技術の開発と実証を行っています。

仕様

次世代マルチベネフィット型自動運転EV

車両構成のイメージ

次世代マルチベネフィット型自動運転EV

マルチベネフィット型自動運転車両(イメージ)

このページの先頭へ